栗の甘煮作り

10月初旬に親しい方から栗を頂きました。お正月には必ず栗きんとんを作っているので、栗の甘煮にして保存しておくことにしました。

きれいな栗たち。半日ほど水につけました。

作り方のレシピは、以下のページを参考にしました。

栗の甘露煮のレシピ/作り方

かたい皮は剪定用のハサミで剝きます
渋皮は包丁で。骨の折れる手仕事。剝いたら1時間ほど水にさらします。
くちなしの実を割り入れ水から茹でます
黄色が鮮やかです。沸いたら弱火でコトコト火が通るまで茹でます
火が通ったらキッチンペーパーなどでフタをして次の日まで置きます。
別の鍋に水と砂糖を入れ、蜜を作ります。
蜜用鍋に火をつけて砂糖が溶けたら火を止めます。蜜のできあがり!
栗を水切りして鍋に戻します。そこへ先ほどの蜜を流し入れます。
栗と蜜を合わせた鍋に火を入れコトコトと20分ほど煮含めます。
その後、火を止めて味をなじませます。
冷めたら煮沸消毒しておいた瓶に入れて保存します。

いつもは年末に買っていた栗の甘煮。今年はこれを使おうと思います。煮沸消毒してある瓶ですが、冬の暖房が気になるので、冷蔵庫で保存しておきます。年末まで、よろしくね~。

One thought on “栗の甘煮作り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です