カミツレクリーム作り

夏に収穫したローマンカモミール=ローマカミツレを使ってクリームを手づくりしました。今まで作ってきたスキンクリームよりも柔らかで滑らかな手触りが気に入っています。お手本にした本は以下の本です。

53ページに作り方が載っています。

レシピには、『ローマカミツレの花の抽出物を利用した冷感保湿剤のレシピ。ラベンダーのエッセンシャルオイルをくわえることで、クリームの鎮静作用と抗炎症作用を高める』(P.53)とあります。

ローマンカモミールは多年草で、花の時期以外は芝のように低く広がって繁ってくれるので、庭のグランドカバーにもなっています。お茶として飲んできましたが、この本に出会って、クリーム作りをしてみようと年明けから数回作ってきました。

自分は2か月くらいで使い切っています。量は約60gくらいできあがります。

  • カミツレクリームの材料
    • 乾燥させたローマカミツレの花 15g
    • 沸騰させた水         100ml
    • クリーム基材         50g
    • ラベンダーの精油       10滴
  • ほかに用意する道具
    • はかり
    • フレンチプレス
    • 計量カップ
    • ガラス製ボウル
    • ヘラ
    • 保存ケース(殺菌しておくこと)

作り方は以下です。

ローマカミツレを計ります。
フレンチプレスにローマカミツレを入れます。
沸騰させた水をそこへ注ぎます。
蓋をして冷めるまで置きます。
冷めたらピストンを押し下げ約15mlのカミツレハーブティーを抽出します。
透明なボウルにクリーム基材(画像はセタフィルですが、
色々あるのでお好みでどうぞ)を入れます。
小さじで少しずつ、ハーブティーをクリーム基材に加えてよくかき混ぜます。
次にラベンダーの精油を10滴、かき混ぜながら加えます。
とろっと粘るくらいになったら出来上がりです。
ヘラを使って殺菌済のケースに入れて、冷蔵保存しながら使います。
ハーブティーは余ることもありますが、できれば使い切ってください。

冷蔵保存しておき、使う時だけ出します。朝晩2回のスキンケアに、ハンドクリーム代わりに使っています。約60gの出来上がりで、2か月ほど使えます。市販のクリームは真っ白なんですが、自分で作ったものは、茶色になります。無添加だとこんな色になるのかな、と思ってます。

クリーム基材はお好みで色々あると思いますが、自分は以下のクリームを使っています。

敏感肌用で全身に使えます。

ラベンダーの精油も色々ありますが私はこれを使っています。

1滴の目安は約0.05mlとのこと。質が良く、量も十分でお手頃な価格が気に入ってます。

コロナ予防のマスク生活ですが、特に肌が荒れることはなく、ラベンダーの良い香りに癒されながら快適な毎日を送っています。このレシピに出会えてよかったです。しばらくは乾燥知らず、荒れ知らずで過ごせそうです。