黒にんにく作り

昨年の12月から黒ニンニク作りを始めました。いつも色々と応援してくださる方が作り方を教えてくださったし、お古の炊飯器も頂けたのでトライしてみました。

出来上がりはこんな色のニンニクです。

炊飯器はずっと保温状態のまま、13日間生のニンニクを入れておく。というシンプルなのもですが、2日ごとに各にんにくの置き場所を変えてあげたり、初めの1週間は家の中がニンニクの香りで満たされる、というハードルがあります。

もう使わないから、とお下がりを頂いた炊飯器です。
ここへ、生のニンニクを入れていきます。
ニンニクを入れて3日ほどたったところです。

2日ごとに出してはそれぞれの場所を入れ替え、家族に美味しいものが出来上がるからと話しながら指折り日数を数えます。10日間を過ぎたころから、色味が深くなり、ニンニク臭は消えていきます。

13日間で一つ味見してみたかけらです。根っこの部分はもう黒いので色は大丈夫だとわかります。
保存はジプロックにいれて皮のまま冷蔵庫で保存します。

家族と一緒に朝のヨーグルトにのせていただいています。
味はちょっと苦みのあるプルーンのような感じで、風味はあっても臭いはありません。
不思議と体調は良いです。続けてみようと思います。
一度にたくさん作ったので、友人におすそ分けもしています。今度は畑で育てているニンニクが収穫できたときに作ってみようかと思います。粒の大きい新鮮なニンニクが良いみたいです。

One thought on “黒にんにく作り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です