冬の晴れ間を利用して

庭木の剪定を少しずつやっています。先日の晴れ間を使ってクリスマスツリーとして利用している木を選定しました。

1年に一度、葉っぱをすいたり、上に伸びすぎないように剪定していきます。

ガーデニングは趣味として楽しんでます。いつも何かしらの本を読んでいますが、今夢中になって読んでいる本がこの本です。

この本を読みながら、やっぱり庭の木は素人は素人なりにでも手を入れていかなくちゃいけないな、と背中を押してもらえました。今までもなんとなくそんな気がして手を加えていましたが、はっきりと確信できて嬉しかったです。

さて、冬の晴れ間とはいえ、風は冷たかったので焚火キットを使って焚火をしながら庭木の剪定です。

DIYで出た木っ端などをのこぎりで細かくしながら燃やしています。

剪定してみると、スッキリしました!これで夏ぐんぐん成長しても大丈夫です。12月のクリスマスにはイルミネーション(太陽光発電)を飾って楽しみます。

上の芯みたいなところを先に切ります。
手の届く範囲で育てたいので、その高さを決めてから下枝を整えていきます。

ちなみに、焚火しながらさつまいもを焼き、子どもと一緒に頂きました。キャンプ場などにも持っていけるバッグ付きの便利な焚火キットです。我が家では、庭遊びに欠かせない道具です。

焚き火は子どもと楽しみます。火の扱い方を一緒に考えていきたいからです。ついでに温まるし、おいしい焼き芋なんかも楽しめて一石二鳥です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です