暮らしの手仕事

夏も終わりでしょうか。まだまだ暑いですが、立秋を過ぎ、朝晩は涼しい風が心地よくなってきました。

梅雨明けから農作業が忙しくなり、なかなかブログを更新できませんでしたが、ここにきて、少し農作業にも余裕が出てきました。また今月下旬からは稲刈り作業が始まります。それまでに梅雨明けからここまでの暮らしの手仕事をまとめてみようと思います。

まずは毎年作っている梅干しから

『着物からマーガレットと口金付きBAG』https://ichi5ichie.net/151e_item20210704/

 にて塩漬けまではご紹介しています。それから梅雨の間じっくりと冷暗所でねかせながら、梅雨明けからシソ漬けと天日干しの作業をしました。天日干しは夏の土用(今年は7/19~8/6)の間、ずっと晴れ間がありそうなときに行います。

次に今年は自家製みそ作りにトライしてみました。味噌つくりは時間と手間のかかる手仕事でした。始まりは寒い冬の間、仕上げはこの梅雨明けです。

まずは仕込みの様子です。始まりは一番寒い1月の終わりです。

次に仕込みをしました。2月に入った時に行いました。

さて、梅雨明けまで寝かせておいた味噌樽は、夏から冷蔵庫で保管します。

さて、梅雨が明けると桃の収穫や田畑の防除作業が忙しくなります。今年の桃は大きめで瑞々しく、お客様に好評をいただいております。

田畑の防除作業には農業用ドローンを使っています。自分(店主)はオペレーターとして作業に参加しています。早朝から風が出てくるまでが勝負の防除作業、風のない日は一日中飛ばしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です