羽織からショルダーバッグ【着物のアップサイクル】

年の瀬ですね。今年は秋からバタついておりました。アップしたつもりでいたアップサイクル品をご紹介します。

深い紫色を基調としたペーズリー柄の素敵な生地でした。半月型のショルダーバッグをWEBショップでご覧いただいたらしく、そのカタチでアップサイクルしました。できあがったBAGをいろんな角度から撮影してみましたのでどうぞご覧ください。

さて、年の瀬にいつもお世話になっている喫茶店にご挨拶に行ったら、素敵な鉢を譲って頂きました。

少し暖かくなるまで、室内で花を楽しみます。蝶々みたいな花が可憐で美しいです。マスター、いつも本当に癒しの時間をありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いします。

店主として苺いち絵を始めて4年が過ぎました。年明けから、少しアップサイクルに力を入れて手仕事に励むつもりです。ふる本も集めますので、どうか皆さま、本を処分したいと思った時には苺いち絵のことを思い出してください。LINE公式アカウントからお問い合わせいただくか、こちらのホームページのお問い合わせフォーム、またはFAXにて受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

年の瀬、我が家もお節料理を少し作ります。画像はありませんが、もし文字だけでお楽しみいただける方がいらしたらどうぞお楽しみください。

 【栗きんとん】:金運に恵まれますように、という願いを込めて作ります。


  材料  さつまいも(大1本)、栗の甘煮(100~150g)、砂糖(お好みの量)、オリゴ糖(お好みの量)、塩(ひとつまみ)、みりん(大さじ1~2)、くちなしの実(乾燥)(1つ)
  作り方 
   さつまいもの皮をむき、水からくちなしの実と共に茹でます。柔らかくなったらゆで汁を少し残してくちなしの実は取り除きます。さつまいもを潰し、みりん、砂糖、オリゴ糖を加えて弱火にかけ水分を飛ばします。仕上げに塩をひとつまみ加えて味を調えたら、栗の甘煮を加えます。保存容器に移して冷まします。冷蔵庫で4~5日保存できます。

【赤カブの酢漬け】:お正月も含めて赤色には魔除けの意味があります。


 材料  赤カブ(4~5個)、塩(水分調整用)、甘酢(お好みの量)
 作り方 赤カブをスライスし、ボール等に入れ、塩を振って全体的に軽く混ぜ3分ほどねかせます。赤カブに水分が出てきたら、キッチンペーパーで軽く絞ります。それからジプロックなどにスライスを入れ、甘酢に最低でも2時間ほど漬け込みます。冷蔵庫で4~5日保存できます。

【黒豆】:まめまめしく働ける丈夫な身体を、という願いを込めて作ります。


 材料  黒豆250g、砂糖230g、塩ひとつまみ、しょうゆ大さじ1、タンサン小さじ2分の1
 作り方 豆を軽く洗います。鍋に黒豆の3倍量のお湯を沸かします。そこへ洗った黒豆を入れ、沸いたら火を止め、一晩おきます。黒豆の色はその鍋にある水に出てしまいますので、鍋を水ごと使います。鍋を中火にかけ、タンサンを加えて柔らかくなるまで茹でます。その間、灰汁の泡を取り除き、水が減ってきたら半カップずつ加えて豆が頭を出さない程度にして煮ます。黒豆が指先で潰せるくらいになったら(1~1.5時間)、砂糖を数回に分けて加え、最後に塩としょうゆで味を調えます。自然に鍋が冷めるまでおきます。もしあれば、鉄くぎか何か鉄分のあるものを鍋に一緒に入れると、黒い色に深みが出ます。その日に食べられますが、1~2日鍋ごと温めたら冷ます、を数回繰り返すと、コクのある黒豆に仕上がります。冷蔵庫で5~6日保存できます。

【里芋とお肉の甘味噌煮】:すべて清らかに丸く収まるようにという願いを込めて作ります。

材料  里芋(お好みの量)、お肉(お好みのお肉で里芋と同量)、昆布(出汁用)、しょうが・にんにく(お好みで)、酒:みりん:醤油:味噌:砂糖=0.3:1:1:0.3:0.3の割合で、味付けします。
作り方 里芋は軽く土を落とすように洗って皮ごと大鍋で茹でます。茹で上がったら熱いうちに皮をむいて鍋に入れます。酒で洗った昆布とスライスしたショウガやニンニク、里芋の同量のお肉を入れます。調味料を加えた後、ひたひたになるまで少し水を加えて、落し蓋をし、お肉に火が通るまでコトコト弱火で30分ほど煮込みます。自然に冷まして冷蔵庫で4~5日保存できます。

今年も大変お世話になりました。来年もマイペースながらコツコツ仕事を続けてまいります。皆様、どうかどうか穏やかに健やかにお過ごしください。大切な人や家族との時間を持てる方も、そうでない方も、くじけず明るい気持ちをもって新年をお迎えしませんか?年神様がにっこり笑ってくださるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。