羽織りからサロンスカート

4月の終わりの育苗ハウスです

4月も終わりですね。寒暖差の激しい4月でした。今月は農作業が立て込んでいて、手仕事は合い間の仕事になりました。それでも羽織からアップサイクルしたサロンスカートが出来上がりましたので、ご紹介します。

元の羽織りです。

なるべくハサミを入れないようにして、サロンスカートにしていきました。袖部分と襟の部分は解きました。
解いたものも、解かないものも、まずは手洗いで汚れと臭いをとり、陰干しします。

襟と袖を解いて手洗いし、
陰干ししています。


それから肩部分にハサミをいれ、袖部分を見ごろに縫い足してサロンスカートにしていきました。
襟の部分から腰紐を2本作り、下の画像のようなサロンスカートに仕上げました。

サロンスカートは大きな輪の状態の布を体に巻き付け、腰紐で結んでカタチを整えます。羽織だとスカート丈もちょうど良いと思います。
お手入れ方法は、手洗いしたあと、布を広げて陰干しします。

陰干ししているスカートです。

サロンスカートを身に付ける時、足元は白足袋にすると、気持ちがしゃんとするように感じます。サロンスカートは下の本で紹介されています。

4月は麦の薬剤散布の時期です。農業用ドローンで散布しました。晴れた日が続いてくれたので、ほっとしています。4月の麦畑の夕暮れは、いつ見ても穏やかな気持ちになります。

広い場所に青い大麦が映えます。

5月は育苗ハウスの苗を移植する田植え作業があります。ケガしないように安全に気を付けながら、農作業をするつもりです。合間には手仕事をコツコツと続け、お客様のご注文にお応えしていきます。お待たせして申し訳ございませんが、どうかご理解のほど、よろしくお願いします。