ゴーヤの佃煮

畑作業も秋冬仕様になってきました。ご近所の皆さんも同じようで、ゴーヤを片づけたから、最後のゴーヤをどうぞ、と沢山おすそ分けを頂きました。

夏の間はスムージーの主役だったゴーヤですが、今の時期は佃煮にして頂きます。今日はご近所さん直伝のレシピと一緒にご紹介します。

出来上がったゴーヤの佃煮です

☆ ゴーヤの佃煮 【材料】 

  • ゴーヤ 大 8 本
  • ちりめんじゃこ 約 80 g
  • だし汁 
    • 砂糖(何でもOK)   600g 
    • こいくち醤油      120cc
    • うすくちしょうゆ    120cc
    • 酢(何でもOK)    80cc
  • 仕上げ
    • かつおぶし      お好みの量
    • 白ごま        お好みの量

☆ ゴーヤの佃煮 【レシピ】

  1. ゴーヤを5mmくらいの輪切りにして茹でる
  2. 別の鍋にだし汁の材料を入れて一度沸騰させる
  3. 1のゴーヤを湯切りし、少し冷まして水分をぎゅっと絞り2の鍋へ入れる
  4. ゴーヤとだし汁と一緒に中火~弱火で水分が少なくなるまで炊く
  5. 4にちりめんじゃこを加え、水分を煮含ませながら弱火で炊く
  6. ちりめんじゃこがふっくらしたら仕上げのかつおぶし、白ごまを加える
ゴーヤを半分に切ります
ゴーヤのわたと種を出します
輪切りにして茹でます
ゴーヤ以外の材料です
だし汁の材料を別鍋に入れ溶かしながら沸騰させて火を止めます。
茹でて水分を絞ったゴーヤをだし汁の鍋に入れます
だんだん鍋の水分が少なくなってきました
ちりめんじゃこを加えてふっくらするまで炊きます
仕上げにかつおぶしなどを入れます
できあがり!

仕上げのかつおぶしや白ごまはお好みで加えてください。この日はゴマが無かったので入れていませんが、家族は食べる時にゴマをすって食べています。

夏の名残りのゴーヤ、佃煮にしておいて、炊きたてご飯やおにぎりのお供にして楽しんでいます。たくさん作った時には、ジプロックに入れて冷凍保存しておけば、しばらくは楽しめます。どうぞお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です