ゆずを暮らしに活用してます

Pocket

雨ごとに空気が冷たくなります。着こむこともしますが、身体を温めるのに有効なゆずをお茶やスキンケアの素にしていきます。風邪予防にもひと役かってくれてますよ。

友人宅で収穫した本ゆず(左)と花ゆず(右)

花ゆずは冬至の日にお風呂に浮かべる予定です。今回は、本ゆずを使っていきます。今年の台風で枝や棘に当たったようで、外側はキズが目立っています。それでも成分には影響ないと思いますので、キズの酷い部分以外は大切に使います。

まずはゆず茶を作っていきます。
ビタミンCたっぷりなので、
風邪予防や更年期症状を
和らげる効果が
期待できるそうです。
ゆず 1.3kg
砂糖 1㎏
蜂蜜 0.3㎏
材料は以上です。
道具も家にあるもので大丈夫です。
まずはゆずを半分にして、種と果汁は分けます。
それから実の部分をスプーンでそぎ取ります。
そして、皮の部分を細切りにしていきます。
皮は1時間ほど水にさらします。
さらし終わった皮は引き上げます。
残った水は、お風呂に加えて入浴剤にすると、リモネンが肌を守ってくれ、香りも楽しめます。
新しい水をヒタヒタに入れ、
砂糖を溶かします。
蜂蜜も加えます。
果汁も加えます。
よく混ぜます。
取り分けておいた種はお茶パックに
入れて材料の中に沈めます。
それから中火~弱火でコトコト
30分~1時間煮詰めます。
トロッとしてきたら出来上がりです。
参考にしているのは、このコミック。
「クッキングパパ 121巻」です。
苺いち絵も出品中です。
ほっこりするエピソード(1174)です
ぜひ読んでみてください。
これ読むと実家が恋しくなります。
種はチンキも作れます。
化粧水の素になります。
種20gを200mlのウォッカに2週間ほど漬けます。そこから種を引き上げるとチンキの出来上がりです。

チンキから化粧水を作るのはこの後またアップしようと思います。ゆずの化粧水は香りがよく、ゆずの種の周りについているトロっとした部分が、肌を守ってくれますよ。2週間後が楽しみです。

友人宅で女3人、わいわいキャーキャー言いながら、ゆずの収穫を楽しみました。これからはその成分をじんわりと身体にしみこませていくつもりです。

自然の恵みは、日々のストレスを和らげ、笑顔を広げ楽しませてくれるものなんですね。元気になれます。感謝、感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です