Life ~Butterfly taking shelter from the rain

Emi創作活動のこと

ショップの品モノたちとは違う、創作活動のストーリーをお楽しみいただきたいと思います。

昨年、NFTに出会えました。大切な仲間たちもできて尊敬する方々と出会えました。
このご縁に心より感謝しています。
そして何より、自分らしくいられる世界が、本当は手の中にあったのだと教わっています。

「Life ~Butterfly taking shelter from the rain」について

ちょっと落ち込んでいた時に、ふと見つけた蝶々に励まされて描いた作品です。

仕事とプライベートで辛いことが続けて起こっていた時期でした。夏の暑い時期でしたけれど、しとしとと雨が続いて、気持ちも落ち込んでどうにもならないような頃でした。

気力が落ちた時、私は身体を動かします。そこで私は雨の中傘を差しながら散歩に出かけました。
普段何気なく通り過ぎるところで、雨宿りをしている蝶々をみつけたのです。

大きなフキの葉の下で、白い蝶々が羽を濡らさないようにじっとしていました。陰なのにぼんやりと光が当たっているようにみえるほど真っ白でした。ふと私は立ち止まって見惚れていました。少しその美しさに嫉妬したほどです。

その蝶々が、足をひきずるようにズルズルあるいている私に向かって、

「それでも貴方は歩けるじゃないの。私は雨には弱いのよ」

といってくれたような気がしました。

私はハッとしました。

”涙で途方に暮れても、雨で足がぬれても、私は立って歩けるのよね” 

と思い直したんです。

それからの私は、朝晩ウォーキングをする時のように、リズムよく、サッサッっと歩き始めました。
状況は何も変わっていないのに、こんなにも体が軽くなるものかと苦笑するほどでした。

額縁アートの楽しさ

額縁アートという言葉があるようなんですが、この絵は、その額縁アートで楽しんだ作品です。
左側が原画なのですが、右側で額縁アートとしてInstagramに投稿しています。
私は VOUN という額縁アートが楽しめるアプリを使って、作品を飾ったらどう見えるかを楽しんでいます。

この絵の解説~Discription

この絵にはこんな説明を付けています。

土砂降りの雨の中、ふと大きな葉の下に美しい蝶を見つけました。なぜかそこだけ光っていました。その蝶の姿はまるで天使のようでした。辛くて暗闇の中にいるように思っていましたが、私は土砂降りの中でも歩けるんだと、やっと気づくことができました。

英語でも書いています

I found a beautiful butterfly under the big leaf in pouring rain, it was shining only there. I was watching that butterfly’s side, it was pure angel like. I felt I could breath at last even I was in the darkness.

苺いち絵 Opensea で販売中です

Opensea苺いち絵のプロフィール

Openseaでは、Emiがこの絵をミントしたものです、という証明がブロックチェーンという技術に刻まれています。この作品は、Opensea苺いち絵で掲載しています。

Stand.fm 苺いち絵の一期一会 ラジオ配信中

恥ずかしくて言えませんでしたが、念願だったラジオパーソナリティ。まだ道は遠しですけれど、苺いち絵の店主としてラジオ発信をしています。スタンドエフエム(Stand.fm)というラジオアプリでチャンネル名を「苺いち絵の一期一会」として。作品「Life」については、 #101 苺いち絵の一期一会 で聴けます。少し体調を崩した時期もありましたが、おかげさまで、#125まで発信しています。毎日たった5分程度の短い発信ですが、コツコツ続けています。

苺いち絵 SUZURIショップ でオリジナルグッズ化

作品「Life ~Butterfly taking shelter from the rain~」をデザイン画として使ってオリジナルグッズを作っています。これらオリジナルグッズは、SUZURIショップ 苺いち絵 で購入することが可能です。ありがたいことに、海外発送も可能なので将来性を感じています。

BASEでのWEBショップを再開しました

拠点の移動が完了したのでBASEでのWEBショップも再開しています。

国内向けにオリジナルグッズも送料込みで販売できるようになりました。
(※SUZURIショップとはまた違う仕様や展開となっています。)

これからも創作活動やSNSでの情報発信は続けていきながら、ショップ展開をできるかぎり続けていきたいと思っています。皆さまゆっくりお付き合いくださると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です