合皮の素材でジタバタしています

Pocket

今月は合皮という素材と格闘しています。お客様から声をかけて頂いて、合皮を使った折りたたみタイプのお財布を作ることになったのです。

手縫いとミシン縫いの両方で仕上げたお財布はうまくいきました。minneで展示しています。

今度はミシン縫いのみで同じように作ってみようとしますが、なかなかうまくいきません。これまでと同じ厚みの生地で、ミシン縫い仕上げでやってみますが…

外側を開いた状態です。
中身は2色遣いのお財布にしています。

最後の外側を仕上げようとするとなかなかうまくいきません。この際、このお財布は試作品にしようと思い直し、縫い目の大きさや糸の番数、縫う場所をいろいろ試行錯誤してみることにしました。

畳んだ状態です。外側の縫い目が色々です
合皮が重なる部分は大きな縫い目にしないと
縫い目が飛びます。
薄い部分は内布と同じ縫い目でも大丈夫でした。
厚みが違ってもミシン縫いで仕上げようとしています。大きめの縫い目ならうまくいきそうです。
浮かせる部分も丈夫にしようとしました。
先に浮く部分のみミシン縫いしていたんですが、
縫い目の大きさや縫い目のつなげ方が大間違い!
試すうちに、縫いすぎてしまいました。
失敗の連続です。

あとは外布と内側をつなげるだけなんですが、かれこれ3週間、格闘しています。めげそうになるんですが、やめられません。せっかく新しく考えて作った型紙ですし(世間にはいろいろ出回っているんですが、毎度新商品を作るときは自分でいろいろ試して、型紙をおこします)、もう少し格闘してみたいと思います。

小銭入れの部分もマチを作って、たくさんの小銭が入れられるようにするつもりです。
長ポケット2、横入れカードポケット1、
縦入れカードポケット3は、
このタイプとしては十分な収納力だと思います。
あとは、私の技術だけ。

素人ながら、もっともっと手を動かして、暮らしになじむ、使いやすい丈夫な折りたたみ財布を作りたいと思います。そして、それを商品として販売できるようになるまで、ジタバタしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です